ボツリヌス菌から得られる効果で、顔の改善ができます

顔の大きさを解消する

医者

定期的な施術

小顔になりたくても簡単に理想的な顔のサイズになれるわけではありません。美容整形でも骨を削るなどの施術を受けなければ、根本的に解決をさせることが困難、ということがありました。しかし骨を削る施術はリスクが高いですし、腫れも中々引かないということがあったので、理想的な顔になれるのかどうか、不安もありました。最近では骨を削る施術よりもボトックスを注入して、小顔にする方法が主流になってきています。ボトックスを注入することによって、フェイスラインをシャープに見せることができ、それによって小顔効果を得ることができるようになりました。定期的に施術を受けることによって効果を維持させることができますし、注入をする量を調整することもできるようになっているので、安心感もあります。1度の施術で数か月は効果を維持することができるので、頻繁に施術を受けなくても良い、というメリットもあります。気になったら再度施術を受けるという程度に考えておくとよいでしょう。コストもリーズナブルになっています。

小顔になりたいからという理由でボトックスを注入する施術を受ける人も多いですが、出来るだけ効果を長く持たせるために適量以上のボトックスを注入したいと考える人もいます。適量を守らなければ、副作用が生じてしまうこともあるので、大量に注入をすることは避けるべきです。また大量に注入をしてしまうと、小顔効果を得ることができなくなる可能性もあります。体に影響のない程度で施術を受けるようにしましょう。また短期間に注入を行ってしまうことも避けたほうがよいです。数か月開けたほうが、効果を維持することができるので、数週間で再度注入をする、ということは避けるべきです。どれくらいの期間を開けるべきなのかなど、不安に感じていることや疑問点があった場合には、クリニックに相談をしてみるとよいでしょう。そうすることによってトラブルもなく効果を維持することができますし、副作用も発生しにくくなるというメリットもあります。体へのダメージも極力避けたほうが好ましいので、無理はしないことが重要です。